Medical

早めに前もって

歯医者に初めて見てもらう場合は前もって連絡を入れよう

歯が痛くなる場合、いくつかの理由が考えられます。たとえば、虫歯があって神経にまで達していて痛む場合、あるいは埋没している親知らずが隣の歯を押している場合、また、別の問題で痛みが発生している場合もあります。すべてのケースで歯医者に行かないといけないということはありませんが、目で見てわかるところに虫歯があり、そこを歯ブラシで磨くと痛みが発生するといった場合は、かなり虫歯が進行していると言っていいので出来るだけ早く歯医者に行った方がいいでしょう。では、どのようにして手続きを取ればいいのかというと、出来れば前もって電話して予約を取るようにしましょう。なんの連絡もなく飛び込みで行っても診てくれる可能性はありますが、予約の患者の一番後ということになってしまって、何時間も待つことになる場合があるからです。

鎮痛薬でごまかすよりも歯科に行くことを選択する人の方が多い理由

虫歯による痛みは鎮痛薬でもまぎらわすことは可能ですが、やはり、虫歯の痛みを取るには歯医者に診てもらうことが一番ということで、市販薬で処置するよりも歯医者に行って治療する人の方が多いです。なぜ、歯医者に行くことを選択する人の方が多いのかというと、鎮痛薬だと根本的な解決にならないからです。たとえば、鎮痛薬によってずっと歯の痛みをまぎらわせていた場合、最終的に虫歯によって歯がぼろぼろになってしまいます。そこまでいくと虫歯による痛みはなくなりますが、それは良くなったからではなく、神経も駄目になってしまったからです。そうなると、歯は根元から砕けてしまって、入れ歯を入れるしかなくなってしまいます。なので、多くの人が歯医者に行くことを選ぶのです。